いま、社労士の仕事が注目されています

毎年50,000万人以上の人が受験している社会保険労務士の国家試験。 企業年金の問題や、過労死裁判、不況によるリストラなどなど、 働く人々にまつわるさまざまな問題が浮き彫りになる社会情勢のなか、 社会保険労務士は、「守りの社労士」から「攻めの社労士」としての役割も問われるようになっており、その仕事の面白さに気づいた若い人たちの間で人気が高まっているようです。
ここでは現役社労士が、社労士の仕事の実際やその魅力、合格率に基づいた試験対策などについて解説しています。 これから社労士を目指すみなさんの一助になればと願っています。



[お勧めコンテンツ]今、人気のフォーサイトの通信講座について